MediaHuman Video Converter

MediaHuman Video Converter (for Windows) 1.1.1

ドラッグ&ドロップ操作で複数ファイルをまとめて変換可能 簡単に動画フォーマットの変換が行える動画変換ソフト

MediaHuman Video Converter(メディアヒューマン ビデオ コンバーター)はシンプルなインターフェースで非常に簡単に使用できる動画形式変換ソフトです。変換後に利用する機器や用途を指定するだけで自動で変換フォーマットなどを指定できます。そのため変換したいファイルをドラッグ&ドロップ操作で選択するだけで簡単に求める動画形式に変換することが可能です。とにかく簡単操作で利用できることが魅力ですので、様々な形式の動画を楽しみたいもののフォーマットなどを詳しく調べるのが面倒という人にはおすすめです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • シンプルなインターフェースで使いやすい動画変換ソフト
  • 複数ファイルの同時変換が可能
  • 機器や用途で出力形式を選択できる

反対票

  • 画質調整や編集などは行えない

良い
7

MediaHuman Video Converter(メディアヒューマン ビデオ コンバーター)はシンプルなインターフェースで非常に簡単に使用できる動画形式変換ソフトです。変換後に利用する機器や用途を指定するだけで自動で変換フォーマットなどを指定できます。そのため変換したいファイルをドラッグ&ドロップ操作で選択するだけで簡単に求める動画形式に変換することが可能です。とにかく簡単操作で利用できることが魅力ですので、様々な形式の動画を楽しみたいもののフォーマットなどを詳しく調べるのが面倒という人にはおすすめです。

MediaHuman Video Converterの特徴はインターフェースのわかりやすさです。メイン画面はアイコン化された操作パネルがウィンドウ上部に並ぶだけのシンプルなウィンドウです。そのウィンドウ内に変換したい動画ファイルをドラッグ&ドロップすると動画のサムネイル画像と情報が表示されます。「設定」ボタンで出力先指定しておけば、あとは矢印が上下を差した「変換」ボタンを押すだけですぐに求めるフォーマットへの変換が始まります。出力先はiPhoneやPS3、PSP、Xbox、YouTubeなど機器や用途によって指定することができますので、特にフォーマット名などで悩むことはありません。またAVIや DVD、フラッシュビデオ、MKV、 MPEGなど主な形式に対応しています。複数ファイルの同時変換も可能ですので、携帯機器などで見たい動画を一括変換するときなどには非常に便利です。

MediaHuman Video Converterは使いやすい動画変換アプリですが、無料版では変換できるファイル総数が20ファイルに限られてしまいます。本格的に利用する場合は有料版を購入しましょう。またシンプルさが特徴ですので画質の調整などを詳細に行うことはできません。フォーマット変換と同時に画質調整や簡易編集作業などを行いたいのであれば4Videosoft Video ConverterMovavi Video Converterなどを利用するといいでしょう。

MediaHuman Video Converterは、シンプルなインターフェースで簡単に利用できることが魅力の動画変換ソフトです。

— 動画変換・フォーマット —

MediaHuman Video Converter

ダウンロード

MediaHuman Video Converter (for Windows) 1.1.1